ただのにんにくじゃない!黒にんにくのススメ

bgindex01-pict

今話題沸騰の黒にんにく、その黒にんにくとは、本当に体に良いのでしょうか。

黒にんにくの持つパワーをご紹介しましょう。

S-アリルシステイン

にんにくを熟成させることによって作りだす黒にんにくには、ごく普通の生のにんにくにはない優秀な成分が作りだされます。

この成分こそ、S-アリルシステインという成分で、このS-アリルシステインには、さまざまな健康効果がある事がわかってきました。

また、S-アリルシステインは、ポリフェノールの一種だとされており、さまざまな効果を産みだします。

また、黒にんにくは、コレステロール値や血糖値を下げる役割もあるので、生活習慣が原因でかかる将来の疾患をも予防できるかもしれません。

黒にんにくは臭くない!

にんにく特有のにおいを気にして、にんにくを避けている人を見受けます。

しかし、その問題点において、黒にんにくは全く心配の必要がありません。

そもそも黒にんにくは、にんにくを熟成させて作られているので、にんにくの臭い成分である硫黄化合物を除去してあるのです。

にんにくが体にすごく良いのは知っていたが、においが気になって、なかなか手を出せなかったという人にとっても、黒にんにくはもってこいの食品なのです。

黒にんにくが発揮する効果

黒にんにくを摂取し続けていると、さまざまな箇所の健康の面で、実に多くの効果効能があります。

精力アップや、風邪予防などの免疫力アップ、デトックスや疲労回復、さらには寝起きスッキリや女性にとっても美に関すること柄が多いように、まだまだ黒にんにくの発揮できる力は優れたものがあります。

にんにくを黒にんにくにすることによって、消化吸収率も高まるので、さらに健康には欠かせない食品となりつつあります。

黒にんにくの豆知識

黒にんにくの誕生秘話は、実は日本国内、三重県だと言われています。白にんにくを一定の環境下におき、熟成させることによって、黒く変化するのです。この黒く変化することをメイラード反応と呼ぶようで、ごく自然な発酵といえます。黒にんにくの製造過程で、何か科学的な添加物を加えるということは一切ないのが一般的です。

熟成して黒くなった黒にんにくは、糖度が大幅に増え、ドライフルーツのような食感に、食べると甘酸っぱい味がするほど、劇的な変化を遂げています。

また熟成させることによって、生のにんにくを食べたときのような胃腸への刺激も減るため、お年寄りなども安心して食べることができるようになっています。

まとめ

今も昔も変わりなく、にんにくという食品は、人間の体の維持にとって、無くてはならない大切な要素です。

しかし、時代が進むにつれて、生活スタイルが劇的に変化し、たくさんのストレスや複雑な外部刺激の多い世の中になり、人はより自分の健康を自分で守らなければならない時代がやってきました。

こんな時代だからこそ登場したのが、黒にんにくであるのかもしれません。

にんにくを凌ぐ黒にんにくのパワーこそ、今の複雑かつ多忙な現代を生きる現代人に必要なアイテムだといえるでしょう。

osusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ