にんにく卵黄が貧血予防に効果的

572f48ca2decf0400a7e5c6c65c24902_s

女性に多く見られる貧血、それでも会社勤めであったり、育児の真最中であったりするため、ある程度無理をしているケースもありますね。

貧血や立ちくらみは鉄分不足や疲労などによって脳の働きが安定していないなどの原因があるようです。

また、女性特有の生理などで鉄分などがぐんと不足する事も貧血になりやすいのです。

遺伝性や体質による貧血などがあるため早めの治療や対策が必要となるでしょう。

血液検査によるヘモグロビンの量などで貧血なのかそうでないのか分かります。

貧血がひどくなれば日常生活にも支障をきたします。

そんな中、にんにく卵黄が貧血対策に期待されています。

にんにく卵黄が貧血を緩和してくれる理由は果たしてどのようなものでしょうか?

脳、神経の安定化

にんにくに含まれるアリシンという成分とビタミンB1が結びつく事で脳、神経の正常化が期待できます。

こうして脳に良質な酸素や栄養が与えられて貧血のリスクを下げてくれるでしょう。

また鉄分、葉酸、たんぱく質など総合的に吸収率を高めてくれます。

重要な栄養成分は貧血だけでなく、健康に生きるためにバランスよく摂取するべきです。

鉄分の不足と貧血

鉄分という成分がピンとこない人も少なくないでしょう。

昔は鉄のフライパンなどを使用していたため、自然に鉄分が摂取できていたようです。

最近はセラミックフライパンなどが主流となり食べ物やサプリメントを意識して摂取する事になるでしょう。

食べ物でいえばレバーやプルーンなどが鉄分の多い食材です。

特に生理中、妊娠中の女性達はしっかりと摂取したいものですね。

鉄分が不足しがちなこの時期は貧血に注意するべきなのです。

鉄分不足が貧血を発生させてしまうことを背景に、にんにく卵黄に鉄分がプラスされたタイプがあります。

鉄分がプラスされたやずやのにんにく卵黄プレミアムの詳細はコチラ

ちなみに、安全な自然食品であるにんにく卵黄はアレルギーなどをもっていない妊婦さんも飲用できるでしょう。

これならば、妊娠期の滋養強壮強化、貧血対策が十分可能ですね。

鉄分摂取で気をつけたい事

鉄分を積極的に摂取していても緑茶やコーヒーなどを過剰摂取する事で吸収率が悪くなるでしょう。

これはタンニンという緑茶成分が鉄分摂取を妨げてしまう事にあります。

鉄分を十分に摂取しているつもりでもなかなか貧血症状が改善されない場合はコーヒーや緑茶などを飲みすぎていないかを確認してみましょう。

鉄分配合のにんにく卵黄を飲用するときも同じ考え方です。

ちなみに食べ物からの鉄分摂取は困難で、体内吸収率わずか1割程度です。

まとめ

にんにく卵黄が貧血対策に効果的な事は理解できましたね。

貧血に苦しんでいる女性は多いのです。

滋養強壮もできて、貧血緩和にもつながるにんにく卵黄の力を借りてみませんか?

スタミナがつくと言われているにんにくは造血作用も期待されているのです。

そう考えれば食べ物を摂る時間がない人こそサプリメントが良いでしょう。

にんにく特有のにおいを抑えたサプリメントなら継続しやすいはずです。

osusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ