にんにく卵黄でインフルエンザ対策ができる?!

bb84343fc97e3e7676fd334a09c1d224_s

にんにく卵黄がインフルエンザ予防になるのはご存知でしょうか。

冬に流行りだすインフルエンザ、かかると高熱や咳、だるさの症状が出ますよね。

誰か一人がかかると同居家族にうつらないかと心配になります。

集団生活を伴う子供や、満員電車で通学、通勤する家族がいれば感染するリスクは高まるでしょう。

国内での感染率はかなり高めで、インフルエンザの特効薬はあるものの、なかなか終息するのには時間がかかるようです。

この時期、「うがい、手洗いを積極的にしましょう。」と様々な機関から推奨されますが、なかなかそれだけでは完璧な予防とは言えないようです。

予防接種も効果的ですが、最近は様々な型のインフルエンザが流行りだし、家族全員で受ける予防接種は金銭面でも家計の痛手になる事間違いなしです。

インフルエンザ予防接種については保険が適用できればありがたいのに…と毎年思う人も少なくないでしょう。

ちなみに子供は2回間隔をあけて打つためさらなる出費ですよね。

健康第一なので出費の事ばかり懸念してもいられません。

ただし、普段から免疫力を高めてインフルエンザはじめ、様々な感染症にかからないように努めたいものですね。

かかると厄介な感染症だからこそ普段からかかりにくい体質に!

通常の風邪と違ってインフルエンザは厄介なものです。

極度の高熱と関節痛が襲い、家族がいれば隔離も考えなければならないでしょう。

しかも、学校や会社ではインフルエンザに感染した時の欠席、欠勤の規約などがあるため、完治するまでは自宅待機が必要になるのです。

にんにくがもたらすインフルエンザ対策

インフルエンザにかかると、どれだけ苦痛で面倒な対処が必要か理解できましたね。

そんな感染症にかかりにくい体作りも必要なのです。

にんにくは体温を上げる効果があります。

体温を1度でもあげると免疫力も上がると言われています。

この体温上昇に関する免疫力アップは様々な研究結果から分かっています。

にんにくの体温上昇効果に期待しましょう。

また、にんにく成分のアリシンがビタミンB1と結合する事で様々な栄養の吸収をスムーズにしてくれます。

こうした栄養の貯蓄は感染症にかかるリスクを抑えて健康体に導いてくれるでしょう。

加えて、万が一感染してもウィルス抑制に期待できます。

卵黄がもたらすインフルエンザ対策

にんにくがもたらすインフルエンザ対策が理解できたところで、卵黄については良質なタンパク質が得られるということでしょう。

たんばく質はじょうぶな体を作る重要な栄養源です。

ちなみに、同じ卵でも卵黄の方が卵白よりもはるかに栄養が詰まっているのです。

まとめ

インフルエンザが流行する時期だけでなく年中の免疫力対策が必要です。

今までは手洗い、うがい、予防接種までの対策だった人はにんにく卵黄をプラスした免疫対策に乗り出してみてはいかがでしょうか?

毎年必ずインフルエンザに感染してしまう人にも、にんにく卵黄の力は偉大ですよ。

osusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ