にんにく卵黄でホルモンバランスを整えましょう

4146028497cb6fad1cf67af4f61ce18d_s

ホルモンバランスの乱れ、それは体のあちこちに悪影響を及ぼし、やがて日常生活にも支障をきたすような症状の要因にもなりかねない深刻な問題です。

このホルモンバランスの乱れを、にんにく卵黄が改善することができます。

ホルモンがバランスよく分泌される事の大切さ

女性ホルモンは、とりわけ、そのバランスが崩れると体に大きな影響を及ぼします。

女性ホルモンは、エストロゲンと呼ばれている卵胞ホルモンと、プロゲステロンと呼ばれている黄体ホルモンの2種類があります。

この2つの女性ホルモンがお互いにバランスよく分泌されていないと、生理不順やひどい生理痛、さらには更年期障害といった、女性特有のさまざまな病気や症状を引き起こしてしまいます。

また、思春期の頃から多く分泌され始める卵胞ホルモンは骨や血管の強化に欠かせないものですし、黄体ホルモンは代謝をつかさどり、体内の水分量の調整、さらに妊娠には欠かせない大切なホルモンです。

これらのホルモンのバランスが乱れるということは、女性にとって大変深刻な事態ですので、にんにく卵黄の効果を知って、継続してホルモンバランスの維持に心がける事が大切なのです。

にんにく卵黄の効果

にんにく卵黄に含まれるアリシンという成分とビタミンB1という栄養素がホルモンバランスを整えてくれるカギになります。

にんにく卵黄の万能成分アリシンの驚くべき力

にんにく卵黄に含まれているビタミンを知って効果的に摂取

にんにく卵黄摂取し、この2つの大切な有効成分を体内に取り入れると、脳下垂体に働きかけ、ホルモンをバランスよく分泌してくれるようになります。

ホルモンを分泌させる脳下垂体が活性化して、重要な2つのホルモンがバランスよく分泌されるようになるということです。

にんにく卵黄によって補給されたアリシンとビタミンB1は、体内でアリチアミンというびっしつへと変化し、このアリチアミンは、自律神経のバランスを良好にします。すると脳下垂体の働きも正常に機能するようになり、血中を流れるホルモン濃度を調節しやすくなるのです。

にんにく卵黄は継続して摂取するのがおススメ

脳下垂体がホルモンバランスを保つ役割を果たしていますが、実は、脳下垂体は、非常にストレスや疲労、体調などの変化に敏感で、デリケートな組織です。

にんにく卵黄を継続して摂取することが勧められるのは、このためです。ホルモンバランスをつかさどっている脳下垂体は、すぐに不調をきたしやすいため、にんにく卵黄の継続摂取が大変望ましいのです。

 

年齢とともに体の機能が衰えてくるのと同じように、ホルモンバランスを調節している脳下垂体も、徐々に衰えて機能が弱くなってくるため、何らかのサポートが必要となります。

にんにく卵黄は、その脳下垂体に効果的に働きかける自然食品として、まさにふさわしいツールといっても過言ではありません。

見えない部分だからこそ、にんにく卵黄の健康成分でサポートし、応援して、いつまでも若々しく、そして美しく年齢を重ねてみてはどうでしょうか。

osusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ