にんにく卵黄で花粉症対策をしよう!

e02afdb41551a2e13b26813239c5f26e_s

様々な効果の期待できるにんにく卵黄ですが、アレルギーからくる花粉症対策になるという事はご存知でしょうか。

近年増加傾向にある花粉症は日本人の3人に1人がその兆候を持つと言われています。

食の変化や環境変化によるものだとも言われているのです。

また、はっきりした花粉症アレルギーの診断はついていないものの、その予備軍とされる人も少なくありません。

そんな厄介な花粉症対策に効果の高いと言われている「にんにく卵黄効果」いったいどのような成分が期待できるのでしょうか。

花粉症とはどんな症状?

a02ec439d704c23433c9ef991f36b71d_s

花粉症といえば真っ先に思いつくのが杉花粉です。

その年によっても違いはありますが、2月中旬〜盛んに飛ぶためにマスクや鼻炎薬を使用する人が増えますね。

他にもブタクサやイネなのどの花粉に反応する人も少なくないでしょう。

症状としては目の痒みやくしゃみ、人によっては肌や喉の痒みを引き起こすでしょう。

元からアレルギー体質の人もいますが、急になってしまうと翌年からも毎年悩まされてしまうのです。

主な対策は市販や耳鼻咽喉科の目薬や点鼻薬のような外用薬、アレルギーを抑える内服薬を併用する人がほとんどです。

95c39f5525d66d932f56ec075481cc33_s

とくに内服薬は眠気を引き起こす副作用も懸念されるため、車の運転などは控えなくてはいけません。

なるべくならばクスリを常用する事を控えたいものですが、日常生活に支障が出れば飲用する事になるでしょう。

この時期、耳鼻咽喉科はかなりの花粉症患者でいっぱいです。

なぜ花粉症対策になる?にんにく卵黄

本題のにんにく卵黄がなぜ、花粉症アレルギーに効果的なのかといえば、にんにくに含まれているビタミンB6が抗アレルギー作用をもたらし、免疫を向上させるのです。

さらにもう1つの有効成分である有機ゲルマニウムは免疫過剰を抑制するナチュラルキラー細胞の活性化を促します。

にんにく中のビタミンB6と有機ゲルマニウム、二人三脚で花粉症の不快な症状を抑えるのですね。

にんにく卵黄を有効に活用しよう!

花粉症の症状は個人差こそありますが、生活習慣、食生活の見直しが根底にあります。

また、様々な対策グッズを有効活用する場合もあります。

重度の花粉症であれば、医師による注射やレーザー治療などが行われることも。

そんな個別の症状に合わせた対策グッズや治療法に合わせる形でにんにく卵黄を常用するのが理想的ですね。

まとめ

「にんにく卵黄が花粉症にまで効果的だったとは!」意外な事実と感じた方も少なくないでしょう。

花粉症は先天性のものでもなく、環境が変わればなんらかの拍子に発病してしまう人もいるのです。 今現在、「何の症状もないから大丈夫」なんて安心もできないのです。

こうした補助サプリメントは長く継続飲用してこそ効果が期待できるものなのです。

にんにく卵黄だけに頼るのではなく、上記で述べた他対策と併用させることが大切ですね。

また、花粉のひどい時期だけでなく通年のにんにく卵黄サプリメントの継続飲用が望ましいでしょう。

osusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ