にんにく卵黄は胃もたれの原因になる?

胃もたれ

にんにく卵黄は、体質によっては摂取を避けなければいけない方、摂取方法を工夫しなければいけない方も居ます。

場合によっては、胃もたれを引き起こしてしまい、にんにく卵黄を摂取し続けることが難しくなるケースもあるのです。

にんにく卵黄を摂取すると胃もたれを起こすケースはどのような場合かをご説明します。

胃腸が弱い人は要注意!

にんにく卵黄を摂取して胃もたれを引き起こしてしまう人の特徴は、胃腸が元々弱い方です。

胃腸虚弱体質の方や、食べ過ぎ飲みすぎ、薬などによって胃が荒れている方など、胃腸が弱っている方、胃腸が疲れている方がにんにく卵黄を摂取し続けると、胃もたれを引き起こしてしまう事があるようです。

また、胃腸が元々健康と言う方でも、にんにく卵黄を大量に摂取することで、胃もたれを引き起こし、摂取し続けることで居にダメージが表れるケースがありますので、にんにく卵黄の摂取の際には、注意が必要だと言えるでしょう。

にんにく卵黄の摂取で胃もたれを引き起こしてしまう原因は何?

にんにく卵黄で胃もたれを引き起こしてしまう原因は、にんにくが持つアリシンという成分にあります。

アリシンには、強い殺菌作用があり、体内を殺菌していく効果が期待できることが知られていますが、胃腸に入ることで、殺菌効果の刺激が強すぎてしまい、胃がダメージを受けた結果、胃もたれなどの症状を引き起こすケースがあると言われています。

アリシンは効果と刺激が非常に強い成分として知られているのですが、だからこそ、弱っている胃腸にはダメージを与えかねません。

胃腸を弱らせている原因菌が居る場合は特に、その菌を殺菌していく働きが期待できるのですが、より胃もたれを引き起こしてしまうというケースもありますので、注意が必要と言えるでしょう。

にんにく卵黄の万能成分アリシンの驚くべき力

どうやって摂取すれば胃もたれを起こさない?

胃もたれを引き起こさないようにするためには、にんにく卵黄の摂取は、用法容量を守って、正しく飲むことが大切です。

効果があるからと言って大量に摂取したりすると、健康な方でも胃腸に負担がかかり、胃もたれを引き起こしやすくなりますので、過剰摂取は控えるように心がけましょう。

また、胃腸が元々も弱い方の場合は、用法容量を守っても、刺激が強く、胃もたれを引き起こしてしまう場合があります。

その場合は、目安の摂取量から少し減らして、にんにく卵黄の効果で胃腸が少しずつ丈夫になってから、用法容量を守るようにすることをオススメします。

過剰摂取は危険ですが、量を減らして飲む分には、胃もたれを引き起こしにくくなりますので、胃もたれを起こしたくないという方は、このように、様子を見ながら少しずつ量を増やしていくことをオススメします。

にんにく卵黄はこのように、摂取方法も個人個人で工夫しながら、健康効果を得ることが期待できる健康食品です。

osusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ