にんにく卵黄で認知症が改善出来るってホント?

認知症

にんにく卵黄を摂取することで得られる健康効果の中には、認知症予防効果、改善効果もあると言われています。

にんにく卵黄にはなぜ認知症改善効果があるのでしょうか?

にんにく卵黄と認知症の関係についてご説明します。

にんにく卵黄を更年期障害緩和に利用しましょう

にんにく卵黄を摂取すると認知症改善効果を得られる?

にんにく卵黄を摂取すると認知症予防効果、改善効果を得ることが出来ると言われています。

その理由は、主にこれらがあげられます。

情報伝達物質の働きをスムーズに

肌に受けた刺激を脳に伝える際や、記憶を思い出す際など、脳に情報を伝える際などに使われる、情報伝達物質の働きをスムーズにしていきます。

この働きが鈍ることが、認知症の発症に繋がると言われていますので、この働きを改善していくことで、認知症の予防、改善に効果が期待できるのです。

血流を改善し、神経を安定させる

血流が悪くなることで、脳に血液が巡りにくくなり、頭の回転が鈍く、神経が安定しにくくなってしまいます。

にんにく卵黄には、血流サラサラ効果、血管を丈夫にする効果、血中の悪玉コレステロールを排除する働きが期待出来ますので、これらが改善された結果、認知症の予防、改善に効果が期待できるのです。

にんにく卵黄が貧血予防に効果的

にんにく卵黄のどんな成分が認知症に効果を表すのか?

上記のように、認知症に効果が期待できるにんにく卵黄ですが、具体的には、にんにく卵黄に含まれているこれらの成分が、認知症改善に効果が期待できると言われています。

アリチアミン

にんにくに多く含まれているビタミンBiと結合して発生する成分が、このアリチアミンです。

アリチアミンには、脳の神経を安定化させる働きがあり、頭の回転を速くしたり、脳が働くようにサポートする働きが期待出来ます。

レシチン

卵黄に含まれているレシチンも、認知症に効果的です。

血液サラサラ効果、悪玉コレステロール排除の働きがある他にも、レシチンは脳内で、情報伝達物質に変化する働きがありますので、情報伝達物質の量が体内に増えた結果、認知症改善効果が期待出来ると言えるでしょう。

どんなにんにく卵黄が認知症に効果的?

にんにく卵黄は、生の状態のままでも、サプリメントタイプの物でも、必要な成分さえ摂取することが出来れば、認知症改善効果、予防効果が期待できると言えるでしょう。

ですが、生のにんにく卵黄は臭いがきついため、口臭や体臭が気になるという方は特に、毎日摂取するのは非常に難しいと言えます。

にんにく卵黄はにおいがある?においを抑える方法は?

成分のみを凝縮して、効率よく認知症予防、改善効果を得るためには、にんにく卵黄のサプリメントが良いと言えるでしょう。

にんにく卵黄には様々な種類のサプリメントがありますが、自分に合っていて、毎日続けられるタイプの商品を選ぶことが大切です。

にんにく卵黄商品選びに悩んだら、まずは、色々と試してみて、効果を実感してみることから始めてみましょう。

osusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ